瀬戸内海を横断するしまなみ海道。海道を渡り、広島県と愛媛県の県境に位置する「生口島・高根島」では、
毎年夏に瀬戸田映画祭を開催しています。第6回となる今年の映画祭の舞台は、瀬戸内海独自の「多島」の
風景の中に美しい「夕陽」が現れる浜辺、瀬戸田サンセットビーチ。「島」「海」「夏」「映画」すべての体験が
日常とは異なるシーンを満喫できる、よくばりな野外映画祭です。

家族で楽しめる映画から、若手監督のガッツある最新映画まで。会場を増やしながら、島と映画の魅力を
伝えていきます。上映のほかに『映画づくりのワークショップ』『瀬戸田の名物や食べられる出店』『音楽ライ
ブ』など、島と映画をより楽しめる内容になっております。

会場には海水浴場やキャンプ場等もありますので、そちらも併せてご利用下さい。
“島をまるごと”楽しみながら、夏の思い出づくりに是非ご来場下さい!

 


 

はじまりは2012年の秋、廃校になる小学校の校庭でした。
校庭の裏にある海を背にしてスクリーンを設置し、プロジェクターを海に向ける形
で映画を映写しました。すると、海の上に現れた長方形の映画のフレームが私に
はぽっかり空いた光る窓のようにみえたのです。生口島(瀬戸田町)で育った私は、
風光明媚な瀬戸内海を眺めて育ちました。
瀬戸内の風景は、素晴らしいことに間違いはないのですが内海であるという点で、
南の島でみるような水平線を眺めることもなく行き場のない風景に物足りなさを
感じていたのも事実です。

2012年、海の上に現れた「長方形の光の窓」は水平線に似た「あっち側」を感じ
ました。それは私にとって映画の内容と同等の、もしくはそれ以上の「大きな物
語」として迫ってきたのです。それ以来、瀬戸田の様々な場所で上映を行ってい
ます。
 
映画鑑賞には、映画の内容とはまた別の時間が流れています。
それは、鑑賞する方それぞれの時間です。 

瀬戸田映画祭は、その個人的かつ、共有できる時間と体験をなにより大切に
しています。皆様のそれぞれの大切な時間を少しだけいただいて特別な瀬戸
内・特別な映画体験を一緒に過ごせましたら幸いです。
夏の瀬戸田でお待ちしています。
 
第6回瀬戸田映画祭代表 瀬戸内STUDIO 川本直人

 

 

瀬戸田サンセットビーチ|カフェ&バー汐待亭|Rita Kitchen|瀬戸内案内舎たびたす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA