矢川健吾(ヤガワケンゴ)

映画監督。神奈川県川崎出身。

小笠原諸島を舞台に繰り広げられるサスペンスを撮った監督作『人に非ず』がPFFアワード2014において審査員特別賞を受賞。その後、ベルリン国際映画祭長編部門にHONORABLE MENTION AWARDを受賞する。

カメラマンとしても活動し、近年では奥田庸介監督作品『クズとブスとゲス』、須藤なつ美監督作品『大村植物標本』などで撮影監督を担当。

言葉では表現できないからこそ存在し得る「映像的表現」を探求し、映画の解体と再構築を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA